PROFILE

タキザワユキヒト

「スリリングだけどグッドメロディ」がコンセプト。

ポップスにプログレッシヴな要素を入れ込んだ「プログレ歌謡」を提唱。

ライブでは熱狂的に歌い上げながらもギターを弾きまくるスタイルで、観客からの歓声を欲しいがままにしている。


RUIDO主催『L-1グランプリ 2015』準優勝

2016年、月9「ラブソング」に出演し、ドラマ内でオリジナル曲「酩酊デカダンス」を生演奏。